個人情報保護に関する公表事項

ホーム個人情報保護に関する公表事項
 

個人情報保護に関する法律(平成15年法律第57号)の規定に基づき、下記事項につき公表します。

1、個人情報取扱い事業者名・・・岡山弁護士会(以下「本会」という。)
2、本会の保有個人データと、その利用目的
保有個人データ 利用目的
法律事務所事務員名簿 身分証明書発行
会員名簿 身分証明及び事務連絡
事務局事務員名簿 雇用及び人事管理
本会行事参加者名簿 参加者の確認、連絡及び行事の案内
法律相談名簿 当該法律相談に関する連絡及び統計資料の作成
仲裁事件当事者名簿 事件処理のための諸連絡
統計資料の作成、アンケートの送付
3、保有個人データの利用目的の通知、開示、訂正(追加・削除)、消去、第三者提供の停止
(以下「開示等の請求」という。)を請求する方法、手続き
必要なもの ■開示等の請求書 ■本人確認のための書類 ■手数料

開示等の請求は、本会所定の書式により申請してください。書式のダウンロード

個人情報保護に関する法律第29条の規定により、所定書式以外での請求及び本人確認ができない場合は、請求に応じかねます。申請の際には、本人確認のため下記の身分証明書をご用意下さい。
なお、下記身分証明書で本人確認ができない場合は、追加資料を求めることがあります。

■窓口に来会された場合の本人確認
次の書類で本人確認を行う場合には、窓口で原本を提示していただくことによって、直接確認を行います。また、これらについては、証明書番号を控えさせていただきます。
1.運転免許証 2.旅券(パスポート) 3.各種年金手帳 4.各種福祉手帳 5.各種健康保険証
6.外国人登録証明書 7.実印及び印鑑登録証明書
なお、弁護士の場合は、記章または日弁連発行身分証明書の提示で足りるとします。
■郵送による場合の本人確認
下記1~7の書類の場合は、複写(コピー)に加え、水道局または電話会社(固定電話のもののみ)、ガス会社、電力会社のいずれかが発行する請求書または領収書の原本を添付していただくことによりご本人の本人確認を行います。
1.運転免許証 2.旅券(パスポート) 3.各種年金手帳 4.各種福祉手帳 5.各種健康保険証 6.外国人登録証明書 7.実印及び印鑑登録証明書
また、下記8~13の書類の場合は、原本に加え、水道局又は電話会社(固定電話のもののみ)、ガス会社、電力会社のいずれかが発行する請求書又は領収書を添付していただくことでご本人の本人確認を行います。
8.住民票の写 9.住民票の記載事項証明書 10.印鑑登録証明書 11.戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写が添付されているもの) 12.外国人登録原票の写 13.外国人登録原票の記載事項証明書
14.その他官公署が発行する証明書その他住所・氏名の記載のあるもの
なお、会員の場合は申請書に職印と署名及び登録番号があれば可能とします。
■代理人による開示等請求

開示は原則写しの交付とします。本人の同意がある場合は、移動媒体(改変が困難なデータ形式)等他の方法で交付することがあります。(政令507号第6条)

手数料 500円(1枚分の用紙代含む)2枚以上は[枚数×50円]
移動媒体(フロッピーディスク、CD-R等)による交付の場合は、データ上でのA4用紙1ページあたりの手数料として30円、加えて別途実費(例えばフロッピーディスク等の実費として1枚100円、CD-Rは300円等)
送料 実費(配達証明郵便) 窓口での受渡の際は無料。但し受領書にご署名頂きます。
支払い方法 現金又は現金書留
4、個人情報保護に関する問い合わせ、請求先
岡山弁護士会(市民窓口)〒700-0807 岡山市北区南方1-8-29
5、本会個人情報保護に関する会規
こちらをご参照下さい。
(平成17年3月28日作成)
PAGETOPへ
-