岡山弁護士会とは?

ホーム岡山弁護士会とは?

会長あいさつ

岡山弁護士会会長 水田 美由紀

 平成28年度,岡山弁護士会長に就任いたしました水田美由紀です。これから1年間,4名の副会長(小寺立名,田中将之,平松孝之,杉山雄一)と共に当会の会務を担当いたします。よろしくお願いいたします。
 岡山弁護士会とは,岡山県内に事務所を有し,あるいは勤務している弁護士がすべて加入している公法人です。
 本年4月1日現在,会員数は381名(内女性会員81名)が所属しております。女性比率は20%を超え,全国の中でも高い割合を誇っています。 
 また数年前までは,当会の会員は,岡山市,倉敷市,津山市にほぼ集中していましたが,現在では新見市,笠岡市,井原市,玉野市,真庭市,瀬戸内市,美作市,総社市にも弁護士事務所があり,そしてこの3月には高梁市にも法律事務所が開設されました。赤磐市にも任期付き公務員として弁護士が在籍しています。このように県内各地に弁護士が拠点をもつことになり,県民の皆様に,弁護士をより身近に感じていただけるようになったのではないかと思っています。

 さて,弁護士は,基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命としています(弁護士法第1条)。
 その使命を果たすために,個々の依頼者の代理人あるいは弁護人として民事事件,刑事事件等個別の事件の解決のために尽力するだけではなく,弁護士会の委員会活動にも熱心に取り組んでいます(時に質問されますが,弁護士会の活動は,ボランティアであり,会員である弁護士は原則無償で,時には休日もなげうって励んでいます)。
 その弁護士会の活動は非常に幅広く,県民の皆様方と直接関係のある主なものだけでも
1 弱者・少数者の人権擁護・被害救済に取り組む委員会(人権擁護委員会,高齢者・障がい者支援委員会,子どもの権利委員会,両性の平等に関する委員会,犯罪被害者支援委員会,生存権擁護委員会,民事介入暴力対策等委員会,消費者被害救済センター運営委員会)
2 法的サービスへのアクセスを容易にする委員会(法律相談センター運営委員会,県民ネットワーク委員会,業務改革委員会,仲裁センター運営委員会,広報委員会等)
3 重要な法律等の手続・運用について議論・実践する委員会(憲法委員会,刑事委員会,民事委員会等)
等々があります。
 このホームページに掲載されている講演会・法律相談・講師派遣等岡山弁護士会の活動のほとんどが委員会活動として行われておりますので,ぜひご覧になり,ご利用・ご参加いただきますようお願いいたします。

 さらに我々弁護士は,最高法規(日本国憲法第10章)である憲法を遵守し,その理念を実現するため努力する責任があります。日本国憲法には,国民一人一人が幸せな生活をおくることができるよう,基本的人権の尊重,国民主権,平和主義という三原則が定められていますが,いかなる権力もこの憲法に定められた三原則を尊重しなければなりません。この原則を立憲主義といいます。ところが,近年,この立憲主義が軽んじられている状況がみられます。当会は,立憲主義を堅持するために,時宜に応じて必要な情報を発信してまいります。
 また近年,経済的負担が大きくなったことを理由として,弁護士を志す人が少なくなっています。しかしながら,弁護士は,先に述べたような使命を持っており,法の支配の実現のために必要不可欠な存在です。そのため,意欲ある多くの人々が,経済的事情に左右されることなく,弁護士をめざしていただきたいと思っています。当会は,司法修習生(司法試験合格後,弁護士・裁判官・検察官に必要とされる実務を身につけるため一定期間の研修を受ける者)の経済的負担をこれ以上増やさないため,司法修習生に対し,一定の生活資金を給付して修習に専念させる制度(給費制)の復活を求めて活動しております。ぜひとも県民の皆様にもご理解・ご支援を賜りますようお願いします。

 最後に当会には平成22年生まれのキャラクター「たすっぴ」がいます(たすっぴの詳細はこちら)。これまで岡山弁護士会のイベントには,頻繁に登場して子ども達からも好評です。次は,あなたの町にも,たすっぴが現れるかもしれません!

平成28年(2016)年4月

岡山弁護士会会長 水田 美由紀

所在地

■ 岡山弁護士会館

〒700-0807
岡山市北区南方1-8-29 ≫大きい地図で見る
TEL.086-223-4401(代)
FAX.086-223-6566
受付時間:平日9:00~17:00

交通アクセス

1.JR岡山駅からの場合

●駅東口から徒歩約15分
●バスターミナルからバス利用

・宇野バス(12番のりば)
美作線「山陽団地」「ネオポリス東6丁目」行きで、
バス停「番町口」下車
・岡電バス(13番のりば)
「妙善寺」「三野公園」「岡山理科大学東門」行きでバス停「番町口」下車

2.自家用車を利用する場合

●山陽自動車道岡山I.C.から車で約20分

※岡山弁護士会館に駐車場はございません。
御迷惑をおかけしますが、近隣の有料駐車場を御利用下さい。

■ 倉敷弁護士室

〒710-0051
倉敷市幸町3-33 ≫大きい地図で見る

■ 津山弁護士室

〒708-0051
津山市椿高下52 ≫大きい地図で見る

役員

会  長 水田 美由紀
副会長 小寺 立名
田中 将之
平松 孝之
杉山 雄一

会員数

事務所所在地別

岡 山 319名
玉 野 3名
倉 敷 33名
総 社 1名
笠 岡 2名
井 原 1名
津 山 14名
新 見 1名
真 庭 1名
高 梁 1名
瀬戸内 1名
美 作 1名(新見と兼任)
赤 磐 2名

平成28年11月2日現在 会員総数 379名 

岡山弁護士会の沿革

 明治13年5月代言人規則が改正され、代言人組合の設立と代言人の加入が強制されました。これに伴い、全国各地に代言人組合が設立されました。明治26年5月1日弁護士法が施行され、岡山弁護士会が設立されました。しかし当時の弁護士会は検事正の監督下にあり、会の決議事項は著しく限定され、弁護士自治にはほど遠いものでした。

 昭和24年9月、現行の弁護士法が施行され、現在の岡山弁護士が誕生しました。弁護士は各地の単位弁護士会に加入するとともに日本弁護士連合会に加入することとされ、弁護士会は弁護士法で設立を義務づけられる公法人として発足しました。同時に弁護士の多年の念願であった弁護士自治が確立され、各単位会が会員に対する監督権を持つことになり、さらにその監督権は日弁連が第二次的に保有することとされました。

PAGETOPへ
-