岡山弁護士会とは?

ホーム岡山弁護士会とは?

会長あいさつ

岡山弁護士会会長 大土 弘

 岡山弁護士会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 平成29年度の岡山弁護士会の会長に就任しました大土弘(おおつちひろし)でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて,岡山弁護士会とはどのような会なのでしょうか。名称のとおり,岡山の弁護士によって構成されている団体です。そもそも弁護士として仕事をするためには,どこかの弁護士会に入会する必要があります。岡山県内で事務所を構えたり,岡山県内に所在する事務所に勤務したりするためには,岡山弁護士会に入会し登録しておく必要があります。平成29(2017)年4月1日現在で,岡山弁護士会に登録している弁護士の総数は397名です。

 では,岡山弁護士会は,どのような活動をしているのでしょうか。岡山弁護士会の中心的な活動は,弁護士の使命である「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」を目指した活動です。

 具体的には,岡山弁護士会に各種の委員会を設置し,それぞれの委員会において,憲法,人権擁護,消費者擁護,高齢者・障がい者支援,両性の平等,環境保全・災害対策,遺言・相続問題,刑事裁判の手続上の問題,民事・家事裁判の手続上の問題など様々な問題・課題について研究したり,各種シンポジウム,講演会,市民法律講座,各種110番などの公益活動を行ったりしてきています。

 また,岡山弁護士会は,皆様が法的なトラブルに遭遇されたとき,早期に法律の専門家である弁護士に法律相談を受けてもらえるよう法律相談の窓口の拡充に努めています。まず,法律相談の機会を増やすため,平日の昼間に時間を取りにくい方のための夜間あるいは土曜日・日曜日の法律相談窓口を開設しています。そのほかに,住んでいる場所の近くで法律相談を受けていただけるよう岡山県下8地域に法律相談センターを設置し,弁護士が各センターへ行って法律相談を実施しています。さらに,各自治体と提携した法律相談を実施したり,憲法週間や法の日週間あるいは各種110番等において臨時の法律相談を実施したりしています。なお,上記法律相談のほとんどは予約が必要ですので,詳しくは本ホームページの該当ページをご覧ください。

 ところで,近年における法律上の問題には,個々の弁護士あるいは岡山弁護士会のみで対応することでは十分な対応とはいえない問題が多くあります。そこで,地域におけるあらゆる場面においてタイムリーかつ良質な法的サービスを提供できるようにするため,地方自治体や行政機関あるいは隣接専門業種とのネットワークの構築が不可欠となっています。岡山弁護士会は平成28年度,多くの地方自治体と災害発生時における法律相談についての協定を締結し,また,公益社団法人岡山県医師会との間で人権救済申立事件・刑事弁護事件の調査についての協力体制の協定を締結し,さらには,障がい者が刑事事件の被疑者,被告人となったとき,障がい者の人権を擁護するために一般社団法人社会福祉士会との間で連携についての協定を締結するなどの活動を行ってきています。

 岡山弁護士会は,以上に述べた活動以外にもいろいろな公益活動を行っています。平成29年度も「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」のために引き続き種々の公益活動を行い,皆様から信頼される団体であり続けられるよう努力してまいりたいと思います。ご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。

平成29年(2017)年4月

岡山弁護士会会長 大土 弘

所在地

■ 岡山弁護士会館

〒700-0807
岡山市北区南方1-8-29 ≫大きい地図で見る
TEL.086-223-4401(代)
FAX.086-223-6566
受付時間:平日9:00~17:00

交通アクセス

1.JR岡山駅からの場合

●駅東口から徒歩約15分
●バスターミナルからバス利用

・宇野バス(12番のりば)
美作線「山陽団地」「ネオポリス東6丁目」行きで、
バス停「番町口」下車
・岡電バス(13番のりば)
「妙善寺」「三野公園」「岡山理科大学東門」行きでバス停「番町口」下車

2.自家用車を利用する場合

●山陽自動車道岡山I.C.から車で約20分

※岡山弁護士会館に駐車場はございません。
御迷惑をおかけしますが、近隣の有料駐車場を御利用下さい。

■ 倉敷弁護士室

〒710-0051
倉敷市幸町3-33 ≫大きい地図で見る

■ 津山弁護士室

〒708-0051
津山市椿高下52 ≫大きい地図で見る

役員

会  長 大土 弘
副会長 佐藤 弘一
植田 昌吾
秋山 裕史
原 智紀

会員数

事務所所在地別

岡 山 329名
玉 野 3名
倉 敷 37名
総 社 1名
笠 岡 2名
井 原 1名
津 山 16名
新 見 2名
真 庭 1名
高 梁 1名
瀬戸内 1名
美 作 1名(新見と兼任)
赤 磐 2名
備 前 1名

平成29年4月1日現在 会員総数 397名 

岡山弁護士会の沿革

 明治13年5月代言人規則が改正され、代言人組合の設立と代言人の加入が強制されました。これに伴い、全国各地に代言人組合が設立されました。明治26年5月1日弁護士法が施行され、岡山弁護士会が設立されました。しかし当時の弁護士会は検事正の監督下にあり、会の決議事項は著しく限定され、弁護士自治にはほど遠いものでした。

 昭和24年9月、現行の弁護士法が施行され、現在の岡山弁護士会が誕生しました。弁護士は各地の単位弁護士会に加入するとともに日本弁護士連合会に加入することとされ、弁護士会は弁護士法で設立を義務づけられる公法人として発足しました。同時に弁護士の多年の念願であった弁護士自治が確立され、各単位会が会員に対する監督権を持つことになり、さらにその監督権は日弁連が第二次的に保有することとされました。

PAGETOPへ
-