岡山弁護士会とは?

ホーム岡山弁護士会とは?

会長あいさつ

岡山弁護士会会長 安田 寛

 岡山弁護士会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 平成30(2018)年4月1日より,岡山弁護士会の会長に就任しました安田寛(やすだひろし)です。

 副会長に就任した平井徳秀(ひらいとくひで),岡部宗茂(おかべむねしげ),濱田弘(はまだひろし)及び森智幸(もりともゆき)の4名とともに,平成31(2019)年3月31日までの1年間,岡山弁護士会の会務を執行させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

 岡山弁護士会の会員数は,前年度遂に400名に達し,平成30(2018)年4月1日現在401名です。皆様への法的サービスが隅々まで行き届くよう,この数の力を活かして行きたいと思います。

 岡山弁護士会は,岡山市所在の岡山弁護士会館以外にも,県内各地に8つの法律相談センターを設置し,また,岡山市内では土日,夜間の相談にも対応していますが,まだまだ十分にご利用いただけていないと感じています。皆様のご都合に合わせ,これら岡山弁護士会が主催する法律相談を安心してもっとご利用いただけるよう各種の施策に取り組んで行きたいと考えております。

 近年は,高齢化社会に対応するため,相続,遺言の問題については,岡山遺言・相続センターを設けており,このセンターもより多くの方々にご利用いただきたいと思います。また,現在利用が増えている成年後見制度については,成年後見,保佐,補助の必要性や制度の意義を知っていただくのはもとより,その申立てを援助し,一層の利用促進を図るとともに,法律専門家として成年後見人に就任する弁護士の対応力の一層の向上を図りたいと思います。

 もし,ご自身とかご家族が逮捕された場合,要請を受けますと,すみやかに弁護士が接見に向かう当番弁護士の体制も整えております。

 これらはほんの一例ですが,その他様々な分野毎に対応した相談等の窓口を設置しておりますので,詳細は岡山弁護士会のホームページをご覧ください。また,中小企業,小規模零細企業の隠れたニーズに対し,現在のところまだ十分対応できておらず,法的サービスが行き届いていないと思われますので,この分野の法律相談,法的支援の拡充を図る取組も検討して行きたいと思います。

 そして,本年は憲法改正の議論がいよいよ本格化しつつあります。岡山弁護士会は,立憲主義を堅持する立場より,まずは,憲法のどこをどう改正したら,どのようなことが起こると想定されるかという問題点を法的な観点から皆様にわかりやすく示せるよう,努めてまいりたいと考えています。

 岡山弁護士会は,以上の他にも様々な公益活動を行いますが,弁護士が基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とする在野の法律専門家として,皆様から信頼される存在であり続けられることが究極の目的であり,そのために精一杯努力する所存です。

 ご協力,ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

平成30年(2018)年4月

岡山弁護士会会長 安田 寛

所在地

■ 岡山弁護士会館

〒700-0807
岡山市北区南方1-8-29 ≫大きい地図で見る
TEL.086-223-4401(代)
FAX.086-223-6566
受付時間:平日9:00~17:00

交通アクセス

1.JR岡山駅からの場合

●駅東口から徒歩約15分
●バスターミナルからバス利用

・宇野バス(12番のりば)
美作線「山陽団地」「ネオポリス東6丁目」行きで、
バス停「番町口」下車
・岡電バス(13番のりば)
「妙善寺」「三野公園」「岡山理科大学東門」行きでバス停「番町口」下車

2.自家用車を利用する場合

●山陽自動車道岡山I.C.から車で約20分

※岡山弁護士会館に駐車場はございません。
御迷惑をおかけしますが、近隣の有料駐車場を御利用下さい。

■ 倉敷弁護士室

〒710-0051
倉敷市幸町3-33 ≫大きい地図で見る

■ 津山弁護士室

〒708-0051
津山市椿高下52 ≫大きい地図で見る

役員

会  長 安田 寛
副会長 平井 徳秀
岡部 宗茂
濱田 弘
森 智幸

会員数

事務所・所属団体所在地別

岡 山 334名
玉 野 2名
倉 敷 35名
総 社 1名
笠 岡 2名
井 原 1名
津 山 18名
新 見 1名
真 庭 1名
高 梁 1名
瀬戸内 1名
美 作 1名(新見と兼任)
赤 磐 2名
備 前 1名
早 島 1名

平成30年4月1日現在 会員総数 401名 

岡山弁護士会の沿革

 明治13年5月代言人規則が改正され、代言人組合の設立と代言人の加入が強制されました。これに伴い、全国各地に代言人組合が設立されました。明治26年5月1日弁護士法が施行され、岡山弁護士会が設立されました。しかし当時の弁護士会は検事正の監督下にあり、会の決議事項は著しく限定され、弁護士自治にはほど遠いものでした。

 昭和24年9月、現行の弁護士法が施行され、現在の岡山弁護士会が誕生しました。弁護士は各地の単位弁護士会に加入するとともに日本弁護士連合会に加入することとされ、弁護士会は弁護士法で設立を義務づけられる公法人として発足しました。同時に弁護士の多年の念願であった弁護士自治が確立され、各単位会が会員に対する監督権を持つことになり、さらにその監督権は日弁連が第二次的に保有することとされました。

PAGETOPへ
-