新着情報

ホーム新着情報 > ハンセン病被害者サポートセンター設立10周年記念講演会  機能しなかった司法〜差別・偏見が起こした『菊池事件』
全体イベント・相談会意見表明
ハンセン病被害者サポートセンター設立10周年記念講演会  機能しなかった司法〜差別・偏見が起こした『菊池事件』
2013.08.24

 岡山弁護士会では,岡山県下に長島愛生園,邑久光明園が存在するにも関わらず,ハンセン病隔離政策による人権侵害を見過ごしてきたことに対する法曹としての責任を自覚し,平成15年にハンセン病被害者サポートセンターを設立し,ハンセン病被害者の方々の人権回復を目的とした活動を重ねて参りました。
 ハンセン病被害者サポートセンターも今年で設立10周年を迎えることになり,平成25年8月24日(土)午後2時より,「機能しなかった司法〜差別・偏見が起こした『菊池事件』」と題し,設立10周年記念講演会を開催する運びになりました。
 
本講演会の詳細については下記チラシをダウンロードしてご覧下さい。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

日  時  平成25年8月24日(土)  午後2時〜午後5時

                         (開場 午後1時30分)               
場  所  岡山弁護士会館 2階 大会議室
        (〒700−0807 岡山市北区南方1−8−29)

参加費用 無料
予  約  不要

主  催/岡山弁護士会
共  催/中国地方弁護士会連合会

お問い合わせ:岡山弁護士会
          ☎ 086-223-4401 (平日9:00〜17:00)

※ 会場に駐車場はありません。近隣の有料駐車場あるいは、公共交通機関をご利用下さい。


☆ 詳しくは下記チラシをダウンロードし、ご覧下さい

PAGETOPへ
-